インプラント治療を京都で行うなら実績豊富な指導医のいる坂根歯科へ
HOME>CTの必要性

CTの必要性

歯科用CTとは
今まで、歯科治療において歯の診査・診断を行う際には、一般的に歯科用(デンタル)X線診査とパノラマX線診査が用いられてきました。

これらの装置は2次元的画像で診査・診断に限界がありました。
近年、歯科用CT装置の発達でパノラマ撮影、セファロ撮影、3D撮影が可能です。
そして、最先端のデジタルテクノロジーを駆使し、より少ないX線照射線量で、高品質画像が得られる、3D画像のためのパノラマX線装置です。
さらに洗練された多彩な画像処理により、多角的な観察ができますので、的確な診断に役立つことが期待できます。
よって、今まで十分診断出来なかった事項をより詳細かつ正確に診断出来るようになりました。


専用手術室完備
完全に個室化したインプラント手術室にて、
クリーンな中でインプラント治療を行います。

専用オペ室というインプラントを行うのに最高の設備で、
安心・安全なインプラント治療を受けることができます。
インプラント成功する為の手術前の確かな検査
インプラント治療を行うにあたって、歯槽骨の幅・形状や上顎洞などを避けなければならない障害物までの距離を正確に把握して、確実に診断を行うことが必要とされております。
歯科用CTでは、インプラント治療を安心・安全に行うために、無くてはならないものになってきております。



パノラマスカウト
3D撮影の前に、パノラマスカウト撮影を行った後、
出力されたディスプレイのパノラマスカウト画像上で
関心領域をクリックします。
患者さんをイニシャルポ ジショニングの状態で、レディボタンを押せば、自動的に回転アームは関心領域の中心に移動し、最適な3D撮影のポジショニングができます。


2方向スカウト
左右ビーム、水平ビーム、前後ビームによるイニシャルポジショニングで
2方向スカウト撮影を行った後、出力されたディスプレイの2方向スカウト画像上で関心領域をクリックします。
患者さんをイニシャルポジショニングの状態で、レディボタンを押せば、
自動的に回転アームは関心領域の中心に移動し、最適な3D撮影のポジショニングができます。



5レーザービームによるマニュアル位置づけ
5レーザービーム
(正中ビーム、水平ビーム、右前後ビーム・左前後ビーム、左右ビーム)により患者さんの位置づけと関心領域へのポジショニングが容易にできます。
ビームはすべてスムーズな動きの電動式です。





AFテクノロジーによる簡単、正確な位置づけにより、再現性の良いX線画像が得られます。

AF自動位置づけ
AF自動位置づけは、患者さんを動かさずそのままで光センサーによる位置づけができます。
光センサーが前歯部の位置を計測し、アームを自動的に最適な断層位置に移動しセットするAF(自動位置づけ)機構は、再現性の良いX線画像を実現します。





 

問い合わせ