インプラント治療を京都で行うなら実績豊富な指導医のいる坂根歯科へ
HOME>CTの必要性

| CTの必要性 |

歯科用CTとは
今まで、歯科治療において歯の診査・診断を行う際には、一般的に歯科用(デンタル)X線診査とパノラマX線診査が用いられてきました。

これらの装置は2次元的画像で診査・診断に限界がありました。
近年、歯科用CT装置の発達でパノラマ撮影、セファロ撮影、3D撮影が可能です。
そして、最先端のデジタルテクノロジーを駆使し、より少ないX線照射線量で、高品質画像が得られる、3D画像のためのパノラマX線装置です。
さらに洗練された多彩な画像処理により、多角的な観察ができますので、的確な診断に役立つことが期待できます。
よって、今まで十分診断出来なかった事項をより詳細かつ正確に診断出来るようになりました。


問い合わせ