インプラント治療を京都で行うなら実績豊富な指導医のいる坂根歯科へ
HOME>スタッフブログ

スタッフブログ

インプラントとセレック

今年一番の寒波が来ていますが、みなさま体調はいかがですか?


1130日に我々が所属する日本インプラント臨床研究会関西支部が主催する講習会に参加して参りました。今回は以前ご紹介したセレックを用いた「super structure solution」というインプラントの被せ物への応用でした。これは、土台も被せ物もセラミックで作製することができるため体にも優しく審美的にも優れた治療方法です。患者様およびお口の状況に合わせて治療方法や材料を選択することにより、健康的で審美的な口腔環境を提供させていただけます。

今後も坂根歯科では常に最新情報を取得し、院内外で情報を検討に信頼できる治療方法を提供していきます。

投稿者 坂根歯科診療所② | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
DENTSPLY IMPLANTS Japan Summit 2014
 

11月23、24日東京の虎ノ門ヒルズで全国から著名な先生方が講師を務める勉強会が開催されました。



当院の理事長もその中の一人として講演をしました。


勉強会はインプラント治療に関する内容で大変多くのことを学ばさせていただきました。
また、1300人ほどの先生方が来られており、私たちも良い刺激をうけ、さらに患者様のためになるようより一層、勉強していかないといけないと再認識させられました。
今回の勉強会で学んだことを日々の診療に活かしていこうと思った連休でした。


投稿者 坂根歯科診療所② | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
歯科を身近に感じてみませんか?

 

おはようございます。

昼夜の温度差がありますが、体調いかがですか?

さて、先日キーホルダーのプレゼントをいただきました。歯科で型取りをするためのトレーと被せ物の厚さを測るためのメジャーリングデバイスのキーホルダーでした。実際の物と同じように動き、これがキーホルダーになることで今まで以上に歯科を身近に感じることができます。

皆様もよろしかったら、歯科を身近に感じてみませんか?



投稿者 坂根歯科診療所② | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
セレック勉強会
 

929日に、講習会に参加してきました。

今回は先日導入した歯科用CAD/CAMCEREC(セレック)で作製した被せ物をより良い物にしていくための講習会です。

 CERECで削り出したセラミックは、それだけでもキレイですが、患者様に、より自然感のあるものを提供させて頂くために、被せ物を機械で削り出した後に手作業で艶出しや色などの特徴付けをしていきます。





 研磨だけでは出せない艶をグレーズ剤と言うものを塗布する事によって艶出しし、さらに表面が滑沢になることで、汚れもつきにくく、物性も向上させることができます。

 また、ステイン剤で細かく色を足していくことで、よりご自身の歯に近づけることが可能になります。これらは、機械では出来ませんので、手作業で行っていきます。





 歯を長持ちさせるために、審美性だけでなく、このように材料にもこだわり、これからも坂根歯科では、より良い医療を患者様に提供させていただきます。

投稿者 坂根歯科診療所② | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
セレック導入
 9月19日
坂根歯科診療所にセレックが導入されました。


セレックとは3Dプリンターのようなもので、被せものをセラミックのブロックから10分程度で自動で削りだしてくれる機械です。


型取りも従来のものと違い、ビデオ撮影による型取りです。
噛み合わせ、歯の形などもすべてコンピューター上で行います。
少し前では考えられない事ですが、歯科業界にもこのような機械が入り、これから歯科業界の進化も加速していくと考えられます。
その進化についていけるように私たちも勉強していこうと思います。


投稿者 坂根歯科診療所② | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
   
3